【年末年始のお知らせ】2021年12月28日~2022年1月4日まで営業/製造/発送をお休みいたします。ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。

東京工業大学様に大型ホワイトボードを納めさせて頂きました

東京工業大学様にW2500×H2200の大型ホワイトボードを納めさせて頂きました。搬入施工のレポートです。

東京工業大学

東京工業大学は大岡山、すずかけ台、田町にキャンパスがありますが、今回は大岡山キャンパス内の石川台地区、6号館に納めさせて頂きました。

東京工業大学

1881年に設立された東工大。正門に取付けられた銘板は校名が読めない程腐食していますが、その奥にたたずむモダンな校舎を見ると、この銘板が(あえて作り替えずに)東工大の歴史を物語っているのだと感じました。

ホワイトボード取付け位置

さて、今回取り付けるホワイトボードはH2200×W2500の正方形に近いホワイトボード。取付位置は左の写真の角になります。

蝶番

1つの面には使用していないドアがあるため、ドアを潰して設置ということですが、蝶番が30mm程突き出しており、木材で浮かす必要がありました。

浮かし

左の写真は浮かし部分の取付けが終わった後の写真です。木材の上下にはL金具を取付けます。

ホワイトボード貼り合わせ

さて、ホワイトボード本体は、高さが1500mmを超えていますので、鉄板は現場張りになります。
パネルを貼り合わせ、その上に鉄板を貼っていきます。

アルミ枠

アルミ枠を付け、先ほどの木材のベースにL金具で抱き合わせるようにして取付けます。

もう一面も同じ流れで施工し・・・

大型ホワイトボード

完成したのがこちら。

高さがあるので迫力があります。
こちらの研究室ではプロジェクターを投影するといった用途もあり、このサイズでの制作となったそうです。

お見積り・お問い合わせはこちら