大型 ホワイトボード:TOPへ > 黒板ブログ > 施工レポート > 平面ホワイトボードを納めさせていただきました

平面ホワイトボードを納めさせていただきました

三鷹市のシナリオ制作会社 株式会社ひつじぐも様にご依頼いただき、平面ホワイトボードを施工いたしました。

施工場所はこちらの建物の2階。
ホワイトボードは写真手前に見えている階段から搬入しました。


今回のサイズ 1700×1105mm は車載も搬入もそのまま可能でしたので、完成品の状態でお持ちしました。

写真で見えているのはホワイトボードの背面(裏桟)です。

ちなみに完成品搬入と分割搬入(現場組み立て)のどちらになるかは商品、サイズ、搬入経路によります。

お客様のご協力によりお知らせいただいた搬入経路や設置場所の状況で決定いたします。



ホワイトボードを施工するのはこちらのお部屋。
右にある窓をちょうど覆うようにお取り付けをご希望です。

本来はフラットな壁面に設置しますが、今回は窓。
木製のフレームが手前に出っ張っていて、窓面は奥にへこんでいます。



このフレームを利用するのですが、金具を付けるには幅が細いので垂木で高さを補います。
垂木をフレーム内側の上下に据え付けて、まず上だけにL金具を留めます。
普段は上下とも一度に留めてしまいますが、今回は念のため保留にしています。


ここで一旦ホワイトボードの準備。室内に運び入れ、板面を天地逆にして粉受けを取り付けます。


完成形のホワイトボードを取り付け場所に仮当てし、ボードの下位置を確認。
下にもL金具を留めました。


あらためて板面を当て込み、L金具とホワイトボードの側面をビス留めして・・・


表面の養生シートをはがしたら、完了です!


左は脚立にのぼって見下ろした様子、右は下からのぞきこんだ様子です。
下は少し隙間が出ましたが、粉受で隠れています。

今回のようにフラットな面がない、もしくは少ないところでも
・周囲の壁面
・窓枠
・柱
・パーテーション
・施工用の突っ張りポール
などを使って施工できるケースがあります。
スペースの有効利用にいかがでしょうか?