大型ホワイトボード:TOP > ご利用案内 > データ入稿に関して

ご利用案内

データ入稿に関して

1.ファイル形式

(1)推奨ファイル形式

Adobe Illustrator形式 ( 拡張子 「.ai」 「.eps」 )

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)は、グラフィックを作成するための業界標準 ツールとされているアプリケーションソフトです。Adobe Illustratorで作成された会社ロゴマークや文字は、拡大・縮小しても精度が変わらず、忠実に再現する事が可能です。

(2)対応ファイル形式

画像 「.jpg」 「.gif」 「.eps」 「.pdf」 「.psd」 「.bmp」 「.png」

会社ロゴマークの画像ファイルからも社名板を作成する事ができます。できるだけ画質の良いものをご用意ください。

(3)その他

Excel パンフレット、カタログ、名刺等

(1)(2)のデータがない場合は、印刷物やExcel等のデータを元に弊社で制作いたします。データのご用意がない場合はご相談ください。

2.データに関するご注意

▼すべてのデータ

「カラーモード」はCMYKで作成してください。

データのカラーモードには代表的なものにCMYK(印刷用)とRGB(画面用)があります。
○紙に印刷されるデータ・・・CMYKモード(インクを重ねていく加色法)
○モニター、デジタルカメラ、webページ用画像など・・・RGBモード(減色法)
RGBは光を通して表現されているため、鮮やかな発色が特徴です。RGBモードのデータを印刷用のCMYKモードに変換すると、全体的に色味が変化します。

カラーモードはCMYKに変換
▼Illustrator形式のデータ

フォントを「アウトライン化」してください。

アウトライン化されていない場合、データを移動した際に、存在していないフォントは別のフォントに置き換えられてしまいます。 そのため、文字そのものを図形化すること(アウトライン化)が必要となります。 アウトライン化をせずにご入稿されたデータでは、文字の形や間隔が変わる等、お客様のイメージと違うものになってしまいます。
このような事態を避けるため、あらかじめアウトライン化したデータでご入稿ください。

アウトライン化の方法
▼画像データ

画像のサイズ(ピクセル数)をご確認ください。

ピクセル数の大きい画像をご用意ください。
(例:10cm×10cmで印刷する場合、1200×1200ピクセル程度が必要です。)
Webなどで使用されている画像はほとんどが72dpiか96dpiとなっております。ホームページで使用している画像はサイズ・解像度とも小さいものが 多く、そのまま使用すると粗くガタガタとした仕上がりとなるためお受けすることができませんのでご了承ください。
○お持ちの画像サイズが不明な場合は、弊社で確認させていただきますのでご連絡の上画像をお送りください。
○サイズが足りない場合、画像や印刷物を元に弊社でトレースを承りますのでご相談ください。

3.入稿方法

(1)メール入稿

アドレス:kokuban@bridge-1.jp 宛にファイルを添付しお送りください。
件名または本文にご注文者様のお名前、注文番号をご入力ください。

(2)宅ふぁいる便で入稿

無料で大容量のデータを転送できるサービスです。

(3)その他 郵送でもお受けいたします。

紙媒体やCD-ROM等

 
     
  お問い合わせ